ドキュメンテーション

WordPressサイトとSuperSaaS予約システムの統合

このページでは、SuperSaaSスケジュールをWordPressベースのWebサイトに統合する方法について説明します。 これにより、ユーザーは1回サインインするだけで、WebサイトとSuperSaaSスケジュールの両方にアクセスできます。まず最初に、無料のSuperSaaSアカウントを作成する必要があります。

自身のサイトでログイン機能を提供していない場合は、こちらスケジュールの統合をご参照下さい。
ここで提供されるモジュールは、ユーザーがすでに自分のWordPressサイトにログインしている場合にのみ機能します。

SuperSaaSスケジュールにWordPressのログイン名を使用

SuperSaaS WordPressプラグインは、ユーザーを自動的にWordPressユーザー名でSuperSaaSスケジュールにログインさせる"今すぐ予約する"ボタンを表示します。
もし、WordPressユーザー登録システムを使用していない場合は、スケジュールを統合で、一般的な使用を選択します。

プラグインによって作成されたボタンはWordPressユーザーデータベース情報をSuperSaaSへ渡し、SuperSaaSデータベース内にユーザーを作成または必要があればアップデートして案内します。これにより、ユーザーは予約システム用に個別のログインを作成する必要がなくなり、2回ログインする必要がなくなります。

WordPressプラグインのセットアップとインストール

  1. プラグインのインストール. WordPress 3+ は、ダッシュボード>プラグインに移動し、「新規追加」をクリックし、SuperSaaSを検索します。
    「今すぐインストール」をクリックし、プラグインを有効にします。
    古いWordPressのバージョンでは、まずコンピュータにプラグインをダウンロードしてください。
    次に、WordPressのプラグイン>新規追加 を選択し、左側のメニューから[新規作成]から追加します。
    上部にある「アップロード」をクリックして、ダウンロードしたファイルを選択します。
    「今すぐインストール」をクリックし、すべてがうまくいった場合は、今すぐ有効化プラグインのリンクをクリックすることができます。
  2. プラグインの設定. メニューから設定>SuperSaaSを選択し、SuperSaaS設定画面に入力してください。
    • SuperSaaSアカウント名 * – あなたのアカウント名(emailアドレスではありません。)
    • SuperSaaS API key * – SuperSaaSアカウントのAPIキーは、SuperSaaS管理画面内より、右メニューのアカウント情報ページの下部にあります。
    • スケジュール名 – スケジュールの名前を入力するか、特定のパラメーターを追加してユーザーを特定のビューに誘導する場合は、完全なURLを指定できます。複数のスケジュールを使用している場合は、以下を参照してください。
    • Button Label – これは、デフォルトで「今すぐ予約」またはサポートされている言語での同等のものになります。ボタンに背景画像がある場合、これは代替テキスト値になります。
    • Button image – 背景画像のURL。これにはデフォルト値はありません。したがって、設定されていない場合、ボタンには背景画像がありません。例:
      https://static.supersaas.net/en/but/booknow_red.png
      Book now!
      (See more examples)
    • カスタムドメイン – もしあなたのスケジュールを示すためにカスタムドメイン名を作成している場合、ここに入力して、ユーザーが正しくそれを示すようにすることができます。
    (* – 必須フィールド)
WordPress SuperSaaS Plugin Settings

WordPress拡張機能をインストールする

WordPress 3+以降の場合、SuperSaaSモジュールを簡単に実装できます。
  • WordPress管理画面から"Plugins" → "Add New"を選択
  • "SuperSaaS"を検索
  • "Install Now"をクリック
  • ポイント2のインストラクションを参照下さい。

WordPressで動作するようにSuperSaaSアカウント設定を変更

あなたのWordPressユーザーデータベースは、あなたのWordPressサイト上のユーザー情報の変更をSuperSaaSに伝えるのには優れていますが、他の点ではあまりメリットがありません。 したがって、ユーザーが混乱しやすいため、SuperSaaSのユーザー情報をユーザーに変更させないことをお勧めします。 例えば、あるユーザーがSuperSaaS上でパスワードを変更できるようになれば、その人はWordPressのパスワードがまだ同じままだということに気づかない可能性があります。 そのような矛盾を避けるため、あなたのSuperSaaSアカウントに以下の変更を行ってください。:

  • アクセスコントロール ページにて, (ログインと登録をあなたのサイトで管理)"ボタンを選択してください。
  • アクセスコントロール ページにて, ユーザー自身による情報の更新を防ぐ"にチェックをして下さい。
  • レイアウト設定 ページにて、Your URL 欄へ、ユーザーがログインできるサイトのページのURLを入力します。

二番目に、WordPressのデータベース・フィールドがあなたのSuperSaaSユーザーのデータベースと一致することを確認する必要があります。
次の変更は"(アクセス・コントロール)"ページで行なってください。:

  • チェックボックス"ログイン時の名前としてEメールアドレスを使用"の選択を外します。
  • 表示されるE-mail アドレスラジオボタンを、オプション (または 必須)へ切り替え
  • 他すべてのフィールドを"(尋ねない)" に変更 もし、"ログインはここで処理しない)を選択した場合は、 パスワードフィールドもオフにできます。)

これで、サイトのボタンを試すことができます。 管理者は、メインのSuperSaaSログインページからログインする必要があるため、一般ユーザーとして、これを試してみてください。SuperSaaSでSuperuserを定義する場合は、ユーザーマネジメントページでSuperuserの役割を変更する前に、ボタンを使用して少なくとも1回はログインしていることを確認してください。

SuperSaaS Access Control

SuperSaaSの設定

この画像は、上記の設定を行った後のSuperSaaSアカウントのアクセスコントロールページを示しています。

ボタンをページに追加

ページにショートコード[supersaas]を設置してボタンを表示できます。 たとえば異なるスケジュールに複数のボタンを追加したい場合に便利です。 ショートコードは、設定画面の値を上書きするために、ラベルと画像の後にオプションのパラメータをとることができます。これは、次のように、異なるスケジュールに複数のボタンを追加する場合に役立ちます。

[supersaas after="schedule1" label="Book on Schedule 1"]
[supersaas after="schedule2" label="Book on Schedule 2" image="https://example.com/book_now.gif"]
Entering multiple Booking Buttons in a WordPress post
Rendering a post with multiple buttons

トラブルシューティング

  • ボタンはあなたのWordPressページにログインしたユーザーにのみに表示されることをご注意下さい。
  • もしエラーメッセージ"Emailが有効ではありません。"が表示される場合は前項のセッティングが正しくされているか確認して下さい。
  • もし、ボタンがユーザーをリダイレクトしても実際にログインできないようでしたら、あるいは"スケジュール名もしくはURL"欄内のURLを用いた場合は、そのURLドメインがカスタムドメインネームフィールドに入力されているか確認ください。